新着情報

共学講座の趣旨

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
「次世代医療機器連携拠点整備等事業」
医療機器開発に携わる企業の技術者を医療現場へ積極的に受け入れ、医療機関や大学の医療従事者との意見交換によって相互交流を図り、医療ニーズを満たす革新的な医療機器開発を推進します。

事業目的

企業、医療機関、鳥取大学がコラボレーション
企業、医療機関、鳥取大学がコラボレーションして個別に医療機器開発プロジェクトを立ち上げ、事業化に向けた活動を互いに推進します。

工程表

令和1年度 令和2年度 令和3年度 令和4年度 令和5年度
医療機器開発人材育成『共学講座』 発心
コース

ショートレクチャー
医療現場見学会
意見交換会
[3回]
ショートレクチャー
医療現場見学会
意見交換会
[3回]
ショートレクチャー
医療現場見学会
意見交換会
[3回]
ショートレクチャー
医療現場見学会
意見交換会
[3回]
ショートレクチャー
医療現場見学会
意見交換会
[3回]
シンポジウム[1回] ※2 シンポジウム[1回] シンポジウム[1回] シンポジウム[1回] シンポジウム[1回]
雲水
コース
セミナー
合宿 [1クール]
セミナー
合宿 [1クール]
セミナー
合宿 [1クール]
セミナー
合宿 [1クール]
セミナー
合宿 [1クール]
展示会 院内展示会[1回]
外部展示会[1回]
院内展示会[1回]
外部展示会[1回]
院内展示会[1回]
外部展示会[1回]
院内展示会[1回]
外部展示会[1回]
院内展示会[1回]
外部展示会[1回]
医療機器開発支援 入口戦略 【ニーズ発信】
臨床ニーズ発表会[1回]※1,2
【ニーズ発信】
臨床ニーズ発表会[1回]※1
【ニーズ発信】
臨床ニーズ発表会[1回]※1
【ニーズ発信】
臨床ニーズ発表会[1回]※1
【ニーズ発信】
臨床ニーズ発表会[1回]※1
【モノづくり系ワーキング】
看護部[12回]
診療支援技術部[12回]
【モノづくり系ワーキング】
看護部[12回]
診療支援技術部[12回]
【モノづくり系ワーキング】
看護部[12回]
診療支援技術部[12回]
【モノづくり系ワーキング】
看護部[12回]
診療支援技術部[12回]
【モノづくり系ワーキング】
看護部[12回]
診療支援技術部[12回]
出口戦略 【専門家相談会】
薬事相談[3回]
販路相談[2回]
【専門家相談会】
薬事相談[3回]
販路相談[3回]
【専門家相談会】
薬事相談[3回]
販路相談[3回]
【専門家相談会】
薬事相談[3回]
販路相談[3回]
【専門家相談会】
薬事相談[3回]
販路相談[3回]
医療機器開発
プロジェクト
  • 個別プロジェクト
  • 個別プロジェクト
  • 個別プロジェクト
  • 個別プロジェクト
個別プロジェクト
※1 鳥取県産業振興機構が主催
※2 新型コロナウィルスの感染拡大防止策の一環として、中止としたもの

共学講座

R3年度 雲水Ⅰコース(8月19日~10月8日)
日時
令和3年8月19日(木)~10月8日(金)18:00~20:00
場所
Web開催(Zoom)
ショート
レクチャー

雲水Ⅰコースでは、鳥取大学が示すPaRePi(パリピ)スキルの習得を目指します。

PaRePiスキルは、医療機器の開発・研究において必要と定義した9つの素養です。他者のPaRePiスキルを通して自己を鑑み、個人の強みだけでなく、組織の強みを見出すことで、PaRePiスキルの理解を深めるため、オンライン(Zoom)で医療、企業、行政、学生など計9名の受講者とともに、濃密なカリキュラム(セミナーとワークショップ)を2ヶ月間行いました。

●参加者の声(一部)
ワークショップでかなり意見を出し合って力をあわせて乗り越えてきたので、信頼関係が築けました。

ワークショップを通じて、課題に派生する様々なことを考えたり調べたり、時には先生方からアドバイスをいただいたりすることで、いろんなことが繋がりとても理解が深まりました。

先生方がとても親身になって接してくださるので、とても有難いです。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

※PaRePiスキル
以下の9つの素養の総称です。
・Passion
・Enjoy Research
・Professional & Innovative
・Bridging & Networking
・Communication
・Leadership
・Diversity & Global
・Respect for Life
・Knowledge & Business Skill

R3年度 雲水Ⅰコース(8月19日~10月8日)
R3年度 共学講座 発心Ⅰコース 第1回
日時
令和3年8月30日(月)13:30~17:00
場所
Web開催(Zoom,Teams)
見学会

見学診療科:頭頸部診療科群(耳鼻咽喉科・頭頸部外科)
鳥取から遠方の方でも気軽に参加していただけるよう、申込者限定でオンライン開催いたしました。


今回は、診療科のご紹介、臨床現場見学を100分かけてたっぷり行いました。
診療科のご紹介では、頭頸部診療科群が行っている日々の診療・治療、それらにまつわるニーズについてご紹介しました。
臨床現場見学では、頭頸部診療科群で使用している器具や設備について、レポーターが模擬患者として実演し、手振り身振りで紹介いたしました。


それぞれリアルタイムで行い、たくさんのご質問を参加者の皆さまからいただきました。ありがとうございました。


診療科のご紹介:藤原教授、中村医員(プレゼンター)
臨床現場見学 :中村医員(現場説明)、藤井助教(リポーター)、才木コーディネータ(カメラ)


※オンライン開催は、Zoomミーティング、Teamsの2サービス同時配信いたしました。

ショート
レクチャー

医療機器開発の成功事例/失敗事例(90分)
 講師:株式会社メディカルラボパートナーズ
      代表取締役  清水美雪氏
 概要:①医療機器開発における“つまずき処”
    ②ニーズから商品コンセプトを出すまでのステップ
    ③成功事例


 清水氏による約60分のセミナーの後、参加者の皆さまからたくさんご質問をいただきました。ありがとうございました。


※セミナー及び見学会の様子は、令和3年度共学講座参加会員の皆様は会員ページからご視聴できます。
 まだ会員になられていない方は、右上の共学講座申込みよりお申し込みください。

R3年度 共学講座 発心Ⅰコース 第1回
R3年度 共学講座 発心Ⅱコース
日時
令和3年7月16日~8月3日のうち、5日間(全て13:30~17:00)
場所
Web開催(Zoom)
ショート
レクチャー

 発心Ⅱコースでは、医療機器開発に必要な知識を得ていただく短期集中コース(5日間)をオンライン配信で開催しました。
 短期集中コースは今年度初めての取り組みでしたが、おかげさまで13名の方に受講いただき、大変濃密で勉強になるセミナーを開催することができました。
ご参加、誠にありがとうございました。


 また、コース終了後、修了認定テストを開催しました。合格点は80点以上とハイレベルに設定して心配していましたが、合格率は100%でした。合格された方には後日、修了証をお送りいたします。

※修了認定テストを公開いたします。ぜひ、腕試ししてみてください!
 修了認定テストへ


【カリキュラム】
1日目《7月16日(金) 13:30~17:00》
 ・臨床研究の実施に向けて
   講師:鳥取大学 医学部附属病院 砂田 寛
 ・医療機器産業と医療機器ビジネス
   講師:鳥取県産業振興機構 磯尾 信行氏


2日目《7月19日(月) 13:30~17:00》
 ・医療機器の基礎知識コース-医療機器開発のポイント-①
   講師:合同会社コンピエーレ 麻坂 美智子氏


3日目《7月20日(火) 13:30~17:00》
 ・医療機器の基礎知識コース-医療機器開発のポイント-②
   講師:合同会社コンピエーレ 麻坂 美智子氏


4日目《7月21日(水) 13:30~17:00》
 ・医療機器の開発から販売までのプロセスを見直す
   講師:合同会社コンピエーレ 麻坂 美智子氏、須藤 成子氏


5日目《8月3日(火) 13:30~17:00》
 ・医療機器商社の役割と製品のコスト構造
   講師:オルバヘルスケアホールディングス 本田 佳範氏、樋口 高志氏
 ・鳥大病院の歩き方~鳥大との共同研究のすすめ~
   講師:鳥取大学 研究推進機構 古賀 敦朗



【受講者の感想の紹介(一部)】
Aさん
 今回のwebでの講義は、チャットということもあり、質問しやすく有意義なものでした。
 会場でなくても、講義の方法はいろいろあるものだなと参考になりました。
 本当に良い講義ありがとうございました。


Bさん
 有意義な学習をさせていただいたと思います。次回、古賀先生には更にディープな話を期待しています。


Cさん
 初心者には大変難しかったですが大変勉強になりました。ありがとうございました。

R3年度 共学講座 発心Ⅱコース
R3年度 共学講座 オリエンテーション
日時
令和3年6月15日(火)13:30~16:00
場所
Web開催(Zoom,Teams,Youtube)
ショート
レクチャー

令和3年度医療機器開発人材育成共学講座のキックオフ的イベント「オリエンテーション」を開催いたしました。
今年度は新型コロナウィルスの蔓延状況を鑑み、完全オンライン配信にて実施いたしました。
参加企業の事情に合わせ、初めて3サービス(Zoom,Teams,Youtube)同時配信を行い、リアルタイムで68アクセスを頂きました。
なお、オリエンテーションの資料は、会員ページよりアクセスいただけます。
※会員ページのアクセスに必要なユーザー名、パスワードは誓約書をご提出頂いた方にお送りしております。

録画は、Youtube、及び会員ページより配信しております。
R3共学講座オリエンテーション

年間計画は、下記URLより閲覧できます。
年間スケジュール

R3年度 共学講座 オリエンテーション

シンポジウム

シンポジウム 平成31年1月25日
日時
平成31年1月25日(金)14:00~17:00
場所
米子全日空ホテル 2階 飛鳥
内容

開会挨拶

  • 国立大学法人 鳥取大学医学部附属病院長 原田 省氏

来賓挨拶

  • 日本医療研究開発機構 産業連携部 医療機器研究課長 吉村 友希氏

基調講演 『医療イノベーション~取り組みへの姿勢と今後の展開~』

  • 元国立循環器病研究センター 妙中 義之氏

医療機器開発人材育成講座「共学講座」の成果と今後の向かうべき道

  • 鳥取大学研究推進機構 古賀 敦朗氏

鳥取県における医療機器産業振興への施策

  • 鳥取県商工労働部長 吉村 文宏氏

質疑応答および意見交換

閉会挨拶

  • 鳥取大学理事(研究担当、環境担当)・副学長 松見 吉晴氏
シンポジウム

注意事項

  1. 発心コースに参加頂く方には開催するすべて会へのご出席をお願いしております。また、雲水コースに参加頂く方についても、同様にお願いしております。
  2. 医療現場見学会は会場の都合上、参加人数に制限を設けさせていただいております。