新着情報

共学講座の趣旨

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
「次世代医療機器連携拠点整備等事業」
医療機器開発に携わる企業の技術者を医療現場へ積極的に受け入れ、医療機関や大学の医療従事者との意見交換によって相互交流を図り、医療ニーズを満たす革新的な医療機器開発を推進します。

事業目的

企業、医療機関、鳥取大学がコラボレーション
企業、医療機関、鳥取大学がコラボレーションして個別に医療機器開発プロジェクトを立ち上げ、事業化に向けた活動を互いに推進します。

工程表

令和1年度 令和2年度 令和3年度 令和4年度 令和5年度
医療機器開発人材育成『共学講座』 発心
コース

ショートレクチャー
医療現場見学会
意見交換会
[3回]
ショートレクチャー
医療現場見学会
意見交換会
[3回]
ショートレクチャー
医療現場見学会
意見交換会
[3回]
ショートレクチャー
医療現場見学会
意見交換会
[3回]
ショートレクチャー
医療現場見学会
意見交換会
[3回]
シンポジウム[1回] ※2 シンポジウム[1回] シンポジウム[1回] シンポジウム[1回] シンポジウム[1回]
雲水
コース
セミナー
合宿 [1クール]
セミナー
合宿 [1クール]
セミナー
合宿 [1クール]
セミナー
合宿 [1クール]
セミナー
合宿 [1クール]
展示会 院内展示会[1回]
外部展示会[1回]
院内展示会[1回]
外部展示会[1回]
院内展示会[1回]
外部展示会[1回]
院内展示会[1回]
外部展示会[1回]
院内展示会[1回]
外部展示会[1回]
医療機器開発支援 入口戦略 【ニーズ発信】
臨床ニーズ発表会[1回]※1,2
【ニーズ発信】
臨床ニーズ発表会[1回]※1
【ニーズ発信】
臨床ニーズ発表会[1回]※1
【ニーズ発信】
臨床ニーズ発表会[1回]※1
【ニーズ発信】
臨床ニーズ発表会[1回]※1
【モノづくり系ワーキング】
看護部[12回]
診療支援技術部[12回]
【モノづくり系ワーキング】
看護部[12回]
診療支援技術部[12回]
【モノづくり系ワーキング】
看護部[12回]
診療支援技術部[12回]
【モノづくり系ワーキング】
看護部[12回]
診療支援技術部[12回]
【モノづくり系ワーキング】
看護部[12回]
診療支援技術部[12回]
出口戦略 【専門家相談会】
薬事相談[3回]
販路相談[2回]
【専門家相談会】
薬事相談[3回]
販路相談[3回]
【専門家相談会】
薬事相談[3回]
販路相談[3回]
【専門家相談会】
薬事相談[3回]
販路相談[3回]
【専門家相談会】
薬事相談[3回]
販路相談[3回]
医療機器開発
プロジェクト
  • 個別プロジェクト
  • 個別プロジェクト
  • 個別プロジェクト
  • 個別プロジェクト
個別プロジェクト
※1 鳥取県産業振興機構が主催
※2 新型コロナウィルスの感染拡大防止策の一環として、中止としたもの

共学講座

R2年度 第2回共学講座 発心コース
日時
令和2年12月 2日(水)13:20~17:00
場所
Web開催(Zoom)
見学会

見学診療科:救急救命センター
 新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、オンライン開催をZoomミーティングを使用して行いました。
 本院 救急救命センターの日々の救急救命活動や設備・施設について、救急救命センター 副センター長 生越講師より、
 また、救急救命センターの臨床現場見学の設備・施設紹介を救急科長 上田教授、レポーター 藤井助教にて紹介いたしました。

ショート
レクチャー

患者さんの役に立つアイディア・技術・研究 ピッチコンテスト
 本学の学生や工学、農学の教職員が 「患者さまの役に立つアイディア・技術・研究」について考えたデバイス、8テーマ発表いたしました。
 発表は共学講座にご参加の皆さまにご視聴頂き、様々な観点(実現性や興味、応援など)から皆さまが「これぞっ!」と感じたテーマに投票されました。
 なお、投票いただいた票数に応じて、テーマごとに手厚いサポートがなされます。

 
同時開催:企業展示会 in 鳥取キャンパス
 共学講座 発心コースの開催に合わせて、企業展示会 in 鳥取キャンパスを開催いたしました。
 会場では、5ブースが設営され、学生や教職員など、多数来場がありました。

R2年度 第2回共学講座 発心コース
R2年度 第1回共学講座 発心コース
日時
令和2年8月20日(木)13:00~16:30
場所
Web開催(Zoom)
見学会

新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、初めてのオンライン開催をZoomミーティングを使用して行いました。
第1部では、鳥取大学 医学部医学科 医学教育学講座 医学教育学分野 植木教授より「医療機器イノベーションの創出を目指して“機器開発のやりがいと動機」のセミナーを行いました。
第2部では、本院 第二内科(消化器内科)の診療などや施設について、新規医療研究推進センター 藤井助教より紹介いたしました。

初めての取組みで、ご参加の方々にはご不便をおかけしたことかと思いますが、アンケートでは満足した旨の回答を多くの方から頂くことができました。

R2年度 第1回共学講座 発心コース
令和2年度共学講座オリエンテーション
日時
令和2年6月26日(14:00~15:45)
場所
鳥取大学医学部 臨床講義棟 421講義室
ショート
レクチャー

令和2年度の共学講座オリエンテーションを開催いたしました。
今年よりWeb配信を始めました。
会場では26名、Web配信では全国から29名にご参加頂きました。

R2オリエンテーション 配布資料
パスワードは、共学講座に参加頂いた方にご連絡しております。

令和2年度共学講座オリエンテーション

シンポジウム

シンポジウム 平成31年1月25日
日時
平成31年1月25日(金)14:00~17:00
場所
米子全日空ホテル 2階 飛鳥
内容

開会挨拶

  • 国立大学法人 鳥取大学医学部附属病院長 原田 省氏

来賓挨拶

  • 日本医療研究開発機構 産業連携部 医療機器研究課長 吉村 友希氏

基調講演 『医療イノベーション~取り組みへの姿勢と今後の展開~』

  • 元国立循環器病研究センター 妙中 義之氏

医療機器開発人材育成講座「共学講座」の成果と今後の向かうべき道

  • 鳥取大学研究推進機構 古賀 敦朗氏

鳥取県における医療機器産業振興への施策

  • 鳥取県商工労働部長 吉村 文宏氏

質疑応答および意見交換

閉会挨拶

  • 鳥取大学理事(研究担当、環境担当)・副学長 松見 吉晴氏
シンポジウム

注意事項

  1. 発心コースに参加頂く方には開催するすべて会へのご出席をお願いしております。また、雲水コースに参加頂く方についても、同様にお願いしております。
  2. 医療現場見学会は会場の都合上、参加人数に制限を設けさせていただいております。